クリニックからのお知らせ

院内感染対策について

新型コロナウィルス感染症患者の80%以上は、無症状や軽症(1週間程度で症状改善)であることが報告されています。感染が収束されるまでの期間は、「日本国内において集団免疫が獲得されるまで」もしくは「有効な予防接種や治療薬が開発されるまで」となり、数か月~年単位に及ぶことが予想されます。相当数の無症状や軽症の患者さんが社会の中にいることを想定して、当院では以下の院内感染予防策を徹底し、感染が収束されるまで継続して参ります。


①全ての職員、全患者さんのマスク着用、体温測定(飛沫・エアロゾル感染の予防、感染症の早期発見)

②定期的な換気、待合室・全診察室への空気清浄機と加湿器の配備(飛沫・エアロゾル感染の予防)

③ドアノブ、カウンター、診察台、ソファー、椅子、トイレ、血圧計などの定期的な院内消毒(接触感染の予防)

④全職員の定期的な手洗い、手指消毒の徹底(接触感染の予防)

⑤聴診器や体温計、SpO2モニターなどの医療機器に対する診察毎の消毒(接触感染の予防)

⑥院内各所への手指消毒液配置、全患者さんへの来院時/帰宅時における手指消毒の注意喚起(接触感染の予防)

⑦発熱や咳、痰などの感染症状のある方の隔離室での診察もしくは診察時間の変更(空間/時間隔離)

⑧希望される患者さんに対する自家用車内での診察待機(空間隔離)※診察時間に呼び出しベルでお呼びします。

⑨定期通院中の患者さんに対する電話再診(空間隔離)▸ 詳細はこちらまで

⑩感染弱者である高齢者や妊婦、基礎疾患のある方の優先診察 ※基本的には予約優先ですが、できる限り配慮します。


全ての患者さん、職員の健康を守るため、一丸となって診療を継続して参ります。何卒ご理解、ご協力をよろしくお願い申し上げます。

消化器内視鏡診療について

新型コロナウイルス感染症の急速な拡大に伴い、内視鏡診療を行う医療従事者へのコロナウィルス感染リスクが問題視されています。以下の条件に該当する患者さんに対しては、緊急性のない消化器内視鏡検査の延期または中止を考慮することが求められています。(2020年4月6日、日本消化器内視鏡学会からの提言)

  • 感冒症状や 37.5℃以上の発熱。
  • 2週間以内の新型コロナウイルスの患者やその疑いがある患者との濃厚接触歴。
  • 2週間以内の感染多発地域への渡航歴。
  • 強い倦怠感や息苦しさ。
  • 明らかな誘因のない味覚・嗅覚異常。
  • 明らかな誘因なく4−5日続く下痢等の消化器症状。

そこで当院では、内視鏡検査で来院された方全員に体温測定をさせていただき、上記に該当する方については内視鏡検査の延期をお願いさせていただきます。

上記に該当しない、すなわち新型コロナウイルス感染症を疑う症状のない患者さんにつきましては、通常通り内視鏡検査を行いますので、安心してご来院ください。

また全ての検査でスタンダードプリコーション(ゴーグル・マスク・手袋・キャップ・長袖ガウンの着用)を行い、院内感染については徹底的に予防しています。各種防護具は患者さん毎に取り換え、検査毎に医療従事者の手指洗浄を行い、診察台などの消毒も行っています。院内感染を広めることのないように診療にあたることは医療従事者としての責務です。大袈裟だなと思われるかもしれませんが、来院されている患者さんのみならず、当院で一生懸命勤務してくれているスタッフ、社会全体の安全を確保するための対応でありますので、ご理解・ご協力いただきますようお願いいたします。

かぜ診療について

一人一人の患者さんの健康を守るため、これ以上のコロナウィルス感染拡大を防ぐため、当院では以下のように対応して参ります。ご理解をお願申し上げます。

①2週間以内に感染流行地域での滞在歴がある方、新型コロナウィルスの濃厚接触者の方は、できる限り早く感染を特定する必要があります。
→当院には受診せず、帰国者・接触者相談センター(豊田市保健所 平日:0565-34-6586、夜間・土日・休日:0565-31-1212) にお電話して、指定医療機関を受診するようにしてください。

②強いだるさや息苦しさ、38度以上の高熱を有するなど強い症状のある方は、新型コロナウィルス感染症を早く診断する必要があります。
→当院には受診せず、帰国者・接触者相談センター(豊田市保健所 平日:0565-34-6586、夜間・土日・休日:0565-31-1212) にお電話して、できる限り指定医療機関を受診できるよう相談してください。

③37.5度前後の微熱や咳・痰などの軽いかぜ症状があり、ご高齢の方、基礎疾患のある方は、新型コロナウィルス感染症の重症化に注意が必要です。
→早めに医療機関に受診してください。当院に
受診される場合は、必ず事前にご連絡(0565-24-8080)をお願いいたします。

④37.5度前後の微熱や咳・痰などの軽いかぜ症状があり、若くて元気な方は、新型コロナウィルス感染症の重症化リスクは低いと判断されます。
十分な休養と消化のよい食事をとり、ご自宅にてご静養ください。解熱剤はアセトアミノフェンの使用をおすすめします。ご家庭内での感染拡大防止にも留意してください、詳細はこちら。症状が4日以上持続する場合は医療機関を受診してください。

→ただし以下に該当する場合は、早めの医療機関受診をおすすめします。
・季節性インフルエンザの濃厚接触者の方 → 抗インフルエンザ薬の投与が望ましいと判断します。
・強い咽頭痛(水分がとれないくらい)のある方、背部痛・尿路症状(頻尿、残尿感など)のある方、ふるえを伴う悪寒のある方、激しい頭痛のある方、下血・強い腹痛のある方、抜歯後の方、溶連菌感染症の濃厚接触者の方、特別な薬剤(抗がん剤、免疫抑制剤、抗甲状腺剤など)を内服中の方、皮膚が赤く腫れている方 → 入院や抗生剤投与の必要性があります。

クリニック案内

医院名 もとまち内科クリニック
院長 伊藤 裕也
住所 〒471-0855
豊田市柿本町7丁目66-1
診療科目 内科 消化器内科
電話番号 0565-24-8080

ご予約・ご相談

「どんな治療があるの?」
「治療にかかる期間は?」

疑問に思う事、何でもご相談ください。
お電話にて承っております。

              ニシ  ハレバレ

TEL 0565-24-8080